死んでからのこと

永代供養という言葉をご存知でしょうか。

現在大変注目されている言葉でもあります。
永代供養とは、お墓参りができる人がいなくなったとしても、お寺が責任をもって永代供養を続けてくれるという方法です。

現在の日本人の生活様式では、代々同じ場所に住み、墓を守ってということが難しくなって来ました。

先祖代々の霊を供養したい。
でも、お墓をつくることで、これから先の人の人生を縛ってしまうようなことはしたくないという人が増えてきたことに伴って、永代供養を選ぶ人が増えてきています。

そもそも、お墓や葬式はとても大切なことであり、同時にトラブルの原因でもありました。

たとえば、動転した状況で決めないといけないという点につけこんで、法外な葬式の料金を請求されたというトラブル。
兄弟や親戚が、葬式の手続きや費用をめぐってもめてしまった。
誰か一人、もしくは人家族だけが葬式や供養をするにあたって、我慢を強いられていた。このようなことは日常茶飯事といっても過言ではありませんでした。

デリケートな問題なので、このことがクローズアップされる機会も少なく、長い間悩む人をたくさん抱えながら、さまざまな偏見や圧力に押しつぶされている状態であったとも言えます。

しかし最近、情報化が活発になるにつれて、この状況にも変化が見られるようです。

将来の事を考えると最後には自分の死後になりますよね、そんな中で私は永代供養 大阪で行こうと思っています。これなら自分の思い通りの供養をしてくれるので安心して眠れます。

what's new

2013/02/28
死を思うを更新
2013/02/28
供養することを更新
2013/02/28
お墓を更新
2013/02/28
今後のことを更新
2013/02/28
永代供養と葬式のことを更新
2013/02/28
ホームページリニューアル